さあ、誰もがITを使いこなせる未来へ。

ネット草創期に誕生したイー・ビジョンは、ITの進化と共に発展してきたシステム開発会社です。しかしITを導入したものの使いこなせず頭を抱える経営者などを見るにつけ、技術の進化が人を置き去りにしてはいけないと思うのです。「ITをもっとやさしく」を軸に据え、誰でも使えるスマホサイト変換システムや自動O2O集客アプリ「常連さん」などを開発。不動産業者の集客業務自動化も主力プロジェクトの一つです。「便利になったよ」の一言を何よりの原動力に、お客様の夢の本質を理解し、その実現へと走り続けます。

会社概要

社名
株式会社 イー・ビジョン (e-vision Corporation)
代表取締役
酒谷信佳 (さかたに のぶよし)
所在地
160-0022 東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル6階
連絡先
TEL:03-3209-2750/FAX:03-3209-2751
設立
2000年12月
資本金
1,000万円
事業内容
  • 自社WEBサービスの企画・開発・販売・運用
  • システム受託開発
主な自社サービス
  • 不動産管理システム みらいえ
  • 不動産向けパノラマVR作成サービス みらいえ360
  • スマホサイト変換 Mobeek
資格情報
  • ブラウザセーバーに関する国内特許(特許ナンバー36933938号)
  • 自立構成型インターネット接続に関する特許(特許ナンバー3894758号)
  • 東京都、『中小企業創造活動促進法』(創造法)認定
  • ブラウザセーバーに関する米国特許(米国特許証 US7,305,452 B2)
  • ISMS認証登録番号:IA170229
  • 管理システム及びネットワーク接続方法に関する国内特許(特許ナンバー4283298号)
取引先
  • アットホーム株式会社
  • 株式会社アンビション・エージェンシー
  • 株式会社エーエスシー
  • オークラヤ住宅株式会社
  • 大和エステート株式会社
  • 株式会社タウンハウジング
  • 株式会社TMJ
  • ディップ株式会社
  • 東急リバブル株式会社
  • ハウスパートナーホールディングス
  • 株式会社長谷工リアルエステート
  • 株式会社ミクニ
  • リストインターナショナルリアルティ株式会社

(順不同)

取引金融機関
  • みずほ銀行 新宿中央支店
  • 三菱東京UFJ銀行 本郷支店

アクセス

  • JR線新宿駅(東口)徒歩8分
  • 東京メトロ丸の内線・都営新宿線 新宿三丁目駅 B3(B5)徒歩2分
  • 西武新宿線西武新宿駅(南口)徒歩6分

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-17  渡菱ビル6F
Tel:03-3209-2750 / Fax:03-3209-2751

沿革

  • 株式会社イー・ビジョンを 文京区本郷に会社設立

  • ブラウザセーバ OOPSリリース

  • 大手不動産会社向け物件管理システムを開発

  • ビデオライブチャットシステムをリリース

  • Flashライブ配信サービスを開始。 オンデマンド動画配信サービスを開始。

  • Flashを使った電子会議システムをリリース

  • 千代田区富士見にオフィスを移転。

  • Flash自動生成サーバーが携帯版に対応。

  • 携帯用自動動画変換サーバーの提供開始。

  • ブラウザセーバOOPS Ajax版をリリース

  • FC向けライブコンサルティングパッケージをリリース

  • 3キャリア対応携帯用Flash自動生成システムをリリース
    おまたせ広報員をリリース。

  • 大手不動産会社向け物件管理システム+広告出稿システムを開発

  • 大手不動産会社向けワークフロー型契約管理システムを開発

  • 新宿区新宿へ事務所移転

  • スマートフォン版ブラウザセーバOOPSの提供開始

  • オンデマンド動画配信(ParkStream)リリース
    PCスマートフォンに完全対応

  • スマホサイト作成・変換ツールMobeekをリリース

  • チャットサポートシステムChatsをリリース

  • チャットサポートシステムChatsを大規模コールセンタに対応し、オペレータ機能を大幅強化。

  • O2Oアプリビルダー「常連さん」リリース

  • 不動産向けパノラマVR作成サービス みらいえ360をリリース

  • 不動産物件管理システム「みらいえ」をリリース

  • 経済産業省が推進する「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」において、IT導入支援事業者に認定

企業理念

日々進化していくITは、人にやさしいものになっているのだろうか?イー・ビジョンの答えは、まだまだNO。複雑なITを、誰もが電気やガスのように活用できるサービスにするのが私達の使命です。ITの「難しい」を「簡単!」に。「不便…」を「便利!」に。期待を上回る価値やサービス、商品を提案していきます。

私たちは、以下を行動指針として、社員一同で心がけ、日々の業務にあたります。

クレド

  1. 1
    【お客様と成功を「継続」・「探求」】
    仕事の目的は常に、お客様の期待を超え続けること。お客様の期待を正確に把握することから私たちの仕事は始まる。私たちのサービスを通してお客様の事業が成長し、期待を超え続けることでお客様を笑顔にすることができる。お客様の笑顔は一度きりではなく、継続させて初めて私たちも成功と言える。その成功の道のりをお客様と一緒に走り続けたい。私たちがもっとも大切にしたいことです。
  2. 2
    【常識を変える】
    イー・ビジョンに任せて良かった。そんな言葉をお客様から貰いたい。我々の原点は、既成概念にとらわれず、常識を疑い、今までになかった方法を産み出す「Lab精神」。誰もできなかった企画を考える。誰もできなかったスピードで開発する。誰もできなかったコストでお客様の要望に応える。昨日はできなかったことを、今日できるように。小さな歩幅の積み重ねが、未来を作り、社会を進歩させる。
  3. 3
    【オーナーシップ】
    自分だけでなくプロダクトにもオーナーシップを持った個人の集合体が「チーム」。プロダクトは一人では作れない。「自分」の領域を超えて議論する、喜びの感情を共有する。一人ではなく、チーム全員のオーナーシップがプロダクトと自分を大きく成長させる。
  4. 4
    【あえて共有】
    短期間で大きく成長するには一人ではなく、仲間の力が必要。共有されたナレッジ、フィードバックの総量が短期間でチームと個人を成長させ、高速で高品質のプロダクトを創り出す。「与える精神」を大切に。人のために与えた量の多さが、自分を成長させてくれる。

代表あいさつ

まだ世の中にない「便利」を創ろう。

イー・ビジョンはどんな会社かと問われたら、「ITをどこよりもやさしくする会社である」と私は答えます。モバイル黎明期の2000年に創業以来、とっつきにくいITを誰もがラクに使えるものにするシステム開発を進めてきました。
きっかけは、地域密着の小さな不動産店でした。高齢の店主がパソコン業務に苦慮し時代に置き去りにされている姿を見て、情報弱者にもITの裾野を広げられるシステム開発の必要性を痛感したのです。ドラッグアンドドロップで誰でも簡単にスマホサイトが作れる「モビーク」の開発や、難しい知識やノウハウがなくても簡単に不動産仲介の集客業務ができる「みらいえ」の構築を進めるのも、ITを誰もが電気や水道のように使える世の中を目指したからに他なりません。これらが進めば地方の零細企業でさえ世界市場で戦える。そう考えるとワクワクするでしょう。
私は社員によく「他の人ができないことをやろう」と言います。なぜなら誰も目をつけていない場所にこそ、世界を変える革新の種は潜んでいるからです。こうした開拓者精神が功を奏してか、世界同時不況化でも11期連続で黒字を計上し、大手企業との直取引を実現するなど、着実に地歩を固めつつあります。
経営者の皆さん、効率化のために導入したITが、非効率なものになっていませんか。地理的な不利をITで克服しませんか。ITをもっと皆さんの夢を叶える「便利でやさしい道具」にするために、私達は今日も挑戦を続けます。

代表取締役 酒谷信佳